〈カメラと映像の情報発信イベント CP+2013 リポート vol.5〉

posted by on 2013.02.06, under blog
06:

DSC03119
というわけで、CP+は4日間で6万人の来場があったようで、展示内容にも大満足。桜木町に宿泊&翌朝は山下公園に足を伸ばしてのんびりしてから、渋谷アップリンクへ 随分前から楽しみにしていた映画でしたが、関東甲信越ではここでしか上映していない…「サイドバイサイド」http://www.uplink.co.jp/sidebyside/ を見るためにやってきました

キアヌ・リーブス企画制作
マーティン・スコセッシ, ジェームズ・キャメロン, デヴィッド・フィンチャー, ,デヴィッド・リンチ, ジョージ・ルーカス,出演
という錚々たる顔ぶれ!!

映画を記録するフォーマットとして活躍してきた“フィルム”が
デジタルの進歩によって消えつつある現場を大御所監督がその思いを十二分に語るこの映画。
シーピープラスを見て感じたテープからデジタルへという流れがこの映画でも語られていました

黒電話がスマホになり
手紙がメールになり
ブラウン管から地デジになり
銀塩フィルムからデジカメにかわり
映画もフィルムからデジタルへ

技術の進歩と共になんだか少しさみしく感じることも
多いですが、そういった変化もこれから楽しんでいければいいんでしょうね

というわけで、この画像は渋谷アップリンクの映画館内部
今まで行った映画館の中でも一番小さく一番居心地が良かったんですが、帰ってきたらitunesでDVDの販売&映画のダウンロードができるようになっていました。便利な世の中だけど、技術の進歩って少しだけ人をガッカリさせますね。

映画好きな方はどうぞ
「itunes-映画 サイドバイサイド」

https://itunes.apple.com/jp/movie/saido-bai-saido-firumukaradejitarushinemahe/id591715320

There are no comments.

Please Leave a Reply

TrackBack URL :

pagetop